様々な会社と繋がる

図書館

司法書士は超難関資格のひとつです。
合格率はほぼ2.9パーセントで推移しています。
つまり、100人受けたとしても3人も受からない試験なのです。
このような難関資格に合格するためには並大抵の努力では足りません。
人並み以上の努力に加えて効率的な学習が求められるのです。
そこで問題となるのが、誰に相談をするのかということです。
独学者の悩みの種は学習相談をする人がいないということです。
逆に言うと、予備校やスクールに通っている人は講師に質問をすることができるのでどんどんと活用するべきです。
独学者はインターネットを活用してください。
インターネット上には法律について相談を受けてくれるところがありますので、法律相談のつもりで疑問を聞いてしまえば良いのです。

司法書士に合格するための学習を進めていくにあたって問題となるのが金銭面です。
スクールに通っている人は講義代金を支払う必要があります。
この金額については各スクールによって大きく異なりますので情報収集が重要となります。
多くは30万円程度かかるのが相場です。
また、スクールによっては特待生選抜試験を行っていますから利用してください。
この特待生試験とは、スクールに入学する前の試験のことで高得点を獲得すればそれに応じて授業料の割引を受けることができる精度です。
司法書士は勉強期間一年で受かる試験ではありませんから、何年も学習を続ける人が多いのです。
そのような人は迷わず特待生試験を受けて講義料金割引を勝ち取ってください。